映画「アバター」のヒロインとして、
一躍有名になったゾーイ・サルダナを紹介します。

1978年にニュージャージー州で生まれ、
ニューヨークで育ったゾーイですが、
9歳の時にドミニカ共和国出身の父親が車の交通事故で亡くなり、
母親の出身であるプエルトリコに移り住みます。
そこで、バレエを習い
7年間をプエルトリコで過ごして
1995年にニューヨークへと戻りました。
戻ってからもバレエや演技の勉強を続け、
2000年に「センターステージ」と言う
10代のダンサーたちを描いた映画で
デビューをします。

その後は映画「スタートレック」に出演し、
「アバター」のヒロインに抜擢され
現在の活躍となります。

ゾーイ・サルダナにはいくつかタトゥーがあります。
e0295308_20070107.jpg
一つは脇腹のアラビア文字です。
もう一つ足の甲にもアラビア文字のタトゥーがありますが、
どちらも意味はない様です。
e0295308_20070749.jpg

足の甲の方は
「私は彼女に聞きたい」
と言った意味もなるようですが、
意味よりも見た目ではないかと言われています。
e0295308_20071054.jpg

お腹にも小さく文字っぽいタトゥーがありますが、
何と書かれているのかは分かっていません。
e0295308_20071434.jpg

あと二つ、
左腕の手首と
左足の足首に
星のタトゥーがあります。
e0295308_20071800.jpg

そして写真はないのですが、
体のどこかに夫の「Marco Perego(マルコ・ペレゴ)」さんの
顔のタトゥーがあるそうです。

マルコさんの左腕には
ゾーイさんのポートレートタトゥーが彫られています。
そのお返しに彫ったのだそうです。


[PR]