世界的に超有名だった
スパイス・ガールズ(Spice Girls)
の一員であり、
あのデビッド・ベッカムの奥さんであり、
3人の息子と1人の娘を持つお母さんでもある
ヴィクトリア・ベッカムのタトゥーを紹介します。

e0295308_18534190.jpg

一番有名なのが首から背骨にかけての、
ヘブライ語のタトゥーです。
英語にすると
「I am my beloved's, and my beloved is mine」
となり、
日本語にすると
「私は愛する人のもの、愛する人は私のもの」
と言う意味になるそうです。
ユダヤ人夫婦の結婚指輪に
刻まれることが多い言葉だそうで、
ベッカムのお母さんがユダヤ系と言う事で、
二人の6回目の結婚記念日に
ベッカムは腕に彫り、
ヴィクトリアは首に彫ったのだそうです。

e0295308_18564665.jpg

右手首にはローマ数字のタトゥーを彫っています。
「VIII-V-MMVI」とあり、
「2006年5月8日」と直せます。
二人が結婚式の誓いを更新した日だそうです。
同じローマ数字をベッカムも右手首に彫っています。
そのローマ数字の下には
「De Integro」と言うラテン語が刻まれていて、
英語にすると
「again from the start」
と言う意味で、
日本語にすると
「もう一度、始めましょう」
と言う意味になるそうです。
ベッカムがレアルマドリッドを退団し、
一家でアメリカに移住して
新しい生活が始まる事へ
前向きな意味を込めて彫ったと言われています。

左手首には「DB」の文字のタトゥーがあります。
旦那さんのデビッド・ベッカムの頭文字ですね。
その下にもヘブライ語の文字があります。
英語にすると
「Together forever, eternally」
と言う意味で、
日本語にすると
「生涯ともに、そして永遠に」
と言う意味になります。
結婚10周年の記念だそうです。
[PR]