デミ・ロヴァートはアメリカの女優兼歌手です。

e0295308_1855212.jpg


アメリカのディズニーチャンネルなどで人気があったので、
日本ではあまり知られていないかも。

歌も上手くて、
「This Is Me」なんかは
乗りが良くて、
結構ヒットした曲なので
知っている人も多いのでは?

10歳の時からテレビ出演しているので、
現在22歳ですがベテランの域ですね。

そんな大人な彼女は、
タトゥーをたくさん入れています。

本人は「ファーストタトゥーは16歳の時」
と言っているそうですが、
初めて公に見せたのは2010年6月、
デミが18歳になる2か月前です。
「you make me beautiful」と言う文字のタトゥーを
右脇腹に入れました。
日本語だと「あなたが私を美しくする」と言った意味でしょうか。

デミはティーンエイジャーの時に、
摂食障害や自傷行為を行い、入院していた事もあります。

人生の中でとてもつらい時期に
べサニー・ディロンの「Beautiful」と言う曲を聴いて感動し、
勇気付けられたのだそうです。
その曲からこの言葉を入れる事にしたのだそうです。

自分にとってのお守りの様な宗教的な意味があるそうです。

2011年9月に羽のデザインを加えています。

e0295308_18554514.jpg


2010年の6月に「Warped Tour(ワープド・ツアー)」と言う
アメリカで毎年夏に行われる大きなロックフェスに参加した際に、
バックステージで耳裏に水色の羽のタトゥーを彫りました。
なんとなく可愛いかったから、特に意味はないのだそうです。

2011年6月にこちらもタッチアップしています。

2011年3月に両手首に
「Stay」「Strong」
の筆記体のタトゥーを入れました。
リハビリ施設に3カ月入院して、
退院後に入れたそうです。
自分が強くいられるように、
毎日この言葉を見て意識できるように入れたそうです。

右手首の「Strong」の下にはハートのアウトラインがあります。
これは支えてくれるファンに対する感謝の気持ちだそうです。

2011年7月に左手首の「Stay」の文字の斜め下に
唇のタトゥーを入れました。
友達と一緒におそろいのタトゥーを入れたようです。

このタトゥーは2015年4月に薔薇のデザインでカバーアップしています。
唇のタトゥーはまるで「女性の性器」の様だ言っていて、
あまり気に入っていなかったそうです。
カバーアップした事、「女性の性器」の様と言った事に、
唇を彫った彫師がインスタグラムで反論し、
問題になっていました。

e0295308_18562788.jpg


2011年6月に右手の甲にシンプルな十字架のタトゥーを入れました。
電話を持った時など、キリスト教徒としての自分を表現できるように、
入れたそうです。

2011年には左中指の横側に「Peace」の文字のタトゥーを入れました。

e0295308_18581683.jpg


右中指の横側にも「Rock N Roll」の文字を入れています。
ロック好きだからだそうです。

2011年12月に右腕の肘の下あたりに
「faith」の文字を入れました。
これはリハビリセンターで知り合った友人とお揃いだそうです。

この文字とつなげる様に、
2012年11月に鳥が飛ぶシルエットのデザインを
アメリカで超有名な彫師「キャット・ヴォン・D」に彫ってもらっています。

2012年9月に両足の甲に
「Let Go & Let God」の文字を入れています。

e0295308_18584448.jpg


2013年5月にはこちらもリアーナなどで有名な彫師「Bang Bang」に
右肩甲骨あたりに「now I'm a warrior」の文字のタトゥーを入れています。
彼女の曲「Worrior」の歌詞の一節です。

2013年12月には左手首の再度に
ローマ数字の「III」の文字を入れています。
癌のため長い闘病生活を送り、2013年6月に亡くなったお父さんが好きな数字であり、
お父さんに捧げるタトゥーだそうです。

2014年7月頃には右腕の肘の内側に
アフリカ大陸の形のタトゥーを入れています。
2013年にケニヤへ旅した思い出として入れたそうです。

2014年11月には左脇腹にローマ数字のタトゥーを入れました。
08.08.1962,
02.04.1988,
12.28.2001,
02.14.1963,
10.23.1960
をローマ数字で入れていて、
これらは両親など大切な人達の誕生日だそうです。
[PR]