One Direction(ワン・ダイレクション)のメンバーは
沢山のタトゥーがある事でも有名ですが、
メンバーの中で唯一Niall Horan(ナイル・ホーラン)だけは
タトゥーを彫っていませんでした。

とても白く柔らかそうな肌のナイルは以前、
『自分のお尻はタトゥーを入れるには柔らかすぎる(泥ドロ過ぎる?)』
とも言っていて、痛みに耐えられないからなのかなぁ?
なんて勝手に思っていました。
e0295308_18382966.jpg

5人の腕に同じ葉のデザインのタトゥーが見れます。
これはニュージーランド特有のシダのマークなんだそうです。
一番右の羽のタトゥーがある腕はLiam Payne(リアム・ペイン)の腕ですね。
その他はナイルのお友達Stephen DevineやスタイリストのLou Teasdaleさんの腕だったりするそうです。

ただ、よく見てもらうと分かりますが、
葉のタトゥーの色が羽のタトゥーの色に比べて黒いですよね?

実はこれはフェイクタトゥーなんだそうです。
ファンからもらったニュージーランドのシダのマークの
シールの様な簡易のタトゥーなんだそうです。
e0295308_18385219.jpg

残念?残念じゃない?
そこは賛否両論ですね。

『ナイルだけはタトゥーを入れないと思っていたのに!』
と言うファンも多そうです。

さあ、いつかナイルはタトゥーを入れる日が来るのでしょうか?
[PR]
カナダのオンタリオ州トロント出身のドレイク(Drake)は
3枚目のアルバム『Nothing Was the Same(ナッシング・ワズ・ザ・セイム)からの
2曲目のシングルカットである
『Hold On We're Going Home』が
初登場21位からスタートし、現在は4位と、
まだまだ上昇を続け、
勢いに乗っているラッパー兼俳優です。
e0295308_17462153.jpg

昔、リアーナと付き合っていた事があり、
リアーナへのDV事件を起こした事もありました。

2012年の6月には、
こちらもリアーナの元恋人であったChris Brownと
クラブで大ゲンカし、
負傷者も出た大きな事件も有名ですね。

最近はクリス・ブラウンとの和解も報じられているので、
二人のコラボレーションなど
良い音楽が聴ける日に期待します。

リアーナとクリス・ブラウンは沢山のタトゥーがありますが、
ドレイクもいくつかタトゥーがあります。

ドレイクのファーストタトゥーは
2011年の7月に初披露された
右肩甲骨あたりの黒のラインのみの
シンプルなフクロウのタトゥーです。
このフクロウは
ドレイクのアパレルブランドに
使用されているロゴマークとなっています。

その横には文字のタトゥーで
『 If I die today, it’ll be a holiday / atf / ovo / ymcmb / reps up.』
と書かれています。
『自分が今日死んだとしたら、今日は祝日になるだろう。』
と言った意味で、
その後に続く『atf』は『All Things Fresh』の略で、
これはドレイクのファンクラブの名称であり、
友人の証でもあります。

『ovo』は『October's Very Own』の略で、
ドレイクの出身地であるカナダのトロントで
毎年開催されるミュージックフェスティバルの名前です。

『ymcmb』は『Young Money Cash Money Billionaires』の略で,、
『ニッキ・ミナジェ(Nicki Minaj)』も参加する
Young Money Rap Crewの名前です。

『reps up』は『Reps-Up Records』と言うレコード会社の略で、
とても仲の良いドレイクの友人が所属しています。

その次には2011年12月に左の肩甲骨の下あたりに、
2001年の飛行機事故で亡くなった
『Aaliyah(アーリア)』
に捧げるポートレートタトゥーを入れています。

その上には鶯の様な
鳥が羽をはばたかせているデザインと、
赤と黒色の『XO20』の文字のタトゥーがあります。

次は2012年の2月に右腕の脇の下あたりに
『All Kinds』と文字のタトゥーを入れています。
友達と会話する時によく使っている言葉なんだそうです。

次は2012年の3月に左腕の脇の下あたりに
カナダのトロントを象徴する建物の『CN Tower』が
ブラックアンドグレーで彫られています。
e0295308_1747415.jpg

次は2012年の8月に右の脇腹に入れた
大きな数字の『416』の文字のタトゥーです。
最初は『4』の数字に少しだけ色が入れてあって、
見ようによっては『116』の様に見え、
ポートレートタトゥーでも入れた『Aaliyah』の誕生日が1月16日なので、
その意味で少ししか色を入れていないのではないかと噂されていましたが、
ちゃんと416となっています。
『416』はトロントの市外局番です。
故郷をとても大切にしているのですね。
e0295308_174722100.jpg

最後は、2012年の12月に背中に入れた
叔父さんとお婆さんのポートレートタトゥーです。
これは有名なタトゥーアーティストの
『Nikko Hurtado』が彫っていて、
クオリティが高いです。
これは2011年の7月15日に亡くなった母方の叔父さんと
2012年11月22日の感謝祭の日になくなったお婆さんに捧げるタトゥーです。
とても近い関係だったようで、
二人の死はドレイクにとって
とても悲しい出来事だったようです。
[PR]