リア・ミシェルのタトゥー(Lea Michele)

ゴールデングローブ賞二年連続受賞するなど、
2009年から放送されている
全米で話題沸騰のアメリカのテレビドラマ「glee(グリー)」で
シーズン1の「レイチェル・ベリー」役で
一大スターとなったリア・ミシェル(Lea Michele)です。

e0295308_17461372.jpg

「レ・ミゼラブル」などの有名なブロードウェーの舞台に立ったりと、
小さな頃から活躍していたそうで、
とても大きな目が特徴の可愛らしい女の子でした。

リア・ミシェルはスペイン系のお父さんと
イタリア系のお母さんとの間に生まれ、
ニューヨークのブロンクスで育ったのだそうです。

リアには小さなタトゥーが沢山入っていて、
タトゥーは周りの家族にとっても一般的な事だったようです。

親戚一同が集まって、
「タトゥーを入れよう!」って事になったりもしたそうです。

出来るだけ、紹介したいと思います。

e0295308_1746412.jpg

まず、右手首の内側には「I Believe(私は信じる)」
と言う文字とその周りに飾りを付けたタトゥーがあります。
どちらも水色で彫ってあります。

左手首には金色の星のタトゥーがあります。

右足の甲には小さな青い蝶のタトゥーがあり、
その左横には「Our City Our Love(私たちの街、私たちの愛)」
と言う文字のタトゥーがあります。
この文字のタトゥーは、
後から水色の蝶のタトゥーでカバーアップをしているようです。

青い蝶は左のお腹にもありますね。

左足の甲には「Imagine(想像する)」と言う
文字のタトゥーがあります。
ジョン・レノンの曲から来ているのかも知れませんね。

左肩には音符マークのタトゥーがあります。
音楽と共に歩んできたリア・ミシェルらしいタトゥーですね。

左脇腹には十字架とその下に「My Angele Now」
と言う文字のタトゥーがあります。
これは亡くなった彼女のお父さんに捧げるタトゥーなのだそうです。

グリーで共演していたコリー・モンティスと付き合っていたのですが、
2013年7月にカナダのバンクーバーにあるホテルで
ヘロインとアルコールの摂取による中毒で亡くなったため、
彼の最後の言葉であった「If You Say So(君がそう言うなら)」
と言う文字のタトゥーを入れています。

もっと沢山ありそうですが、
分かっているのはここまでです。
[PR]