2013年 ジャスティン・ビーバーのタトゥー2(Justin Bieber Tattoo)

以前にジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)のタトゥーを紹介しましたが、
あれからまたまた、色々増えた様なので、
新しく紹介します!

e0295308_1531572.jpg


まずは8番目の2012年の10月28日に入れた
左腕、手首から肘の間までのフクロウのタトゥーですね。
ジャスティンのインスタグラムに投稿されました。
最近では彫った日まで正確に分かりますね。
フクロウは知恵や威厳を表すとされていますが、
ジャスティンが入れた意味は
現時点では語られていません。

e0295308_15481553.jpg

次、9番目は2012年12月30日、
年末も押し迫った頃に投稿された、
2012年1月頃にいれた4番目の
左足に入れたプレイングハンド(祈り手)の下に
付け足す形で
ブラックアンドグレーの薔薇の花です。
薔薇の花を入れた事で、
とてもシックに落ち着いた印象になって、
良くなりましたね!

e0295308_160465.jpg

その次の2013年の初まって直ぐに紹介された10番目のタトゥーは
左肩、肩甲骨辺りに入れた
ネイティブアメリカン(インディアン)の顔のタトゥーです。
これはとても親しくしていたおじいさんに向けたタトゥーだそうです。
カナダのStratford Cullitonと言う
アイスホッケーチームのロゴマークが参考にされています。
多分ジャスティンとおじいさんが
昔よく一緒にアイスホッケーを
見に行っていたんじゃないのかな。
その思い出をタトゥーに残したのかな。
良い思い出ですね。

e0295308_16132513.jpg

そして、2013年1月14日には
最愛の母親Patricia Malletteさんの誕生年である
1975が右の鎖骨の下にローマ数字で入っています
家族をとても大切にしていますね。

e0295308_1622489.jpg

そして、一番最近の11番目のタトゥー、
2013年2月25日に公開された大きなXの文字のタトゥーです。
8番目に入れた左腕のフクロウの隣に彫ってあります。
ロンドンの『Cirque du Soir』と言うナイトクラブを出る時に
パパラッチされました。
はっきりした事はまだ分かりませんが、
ギリシャ文字で『X』は『Chi』を表し、
これはキリストを象徴するそうです。

今後ももっと増えていくのかな~。
楽しみです。。
[PR]