二コール・リッチーのタトゥー(Nicole Richie Tattoo)

ライオネル・リッチーの養女として育った二コール・リッチーはゴシップ誌などを騒がせる事が多いですが、
ファッションアイコンとして騒がれる事も多く
彼女の入れているアンクレットのタトゥーや
背中の羽のTATTOOは
「こんなデザインが彫りたい」
と望む女性も多いです。
e0295308_11311759.jpg

二コールの足首にあるロザリオとビーズのアンクレットタトゥーは彼女の宗教的信念から彫られたという人もいますが、
本当のところはよく分かりません。
e0295308_11403527.jpg

背中にはカラフルな一対の羽のデザインのタトゥーがあります。
この羽の色の様な黄色から赤へグラデーションがかかった様な色のミックスをインディアンサマー(晩秋の小春日和)とも呼ぶそうです。
うなじにはリボンと「Richie」の文字のタトゥーがあります。
e0295308_11505358.jpg

手首の「Virgin」の文字のタトゥーは
彼女がうお座=Virgoである事から彫っているとも言われています。
この3つ意外にも
お腹の下あたりにバレリーナシューズのTATTOOがあり、
これはライオネル・リッチーが二コールに捧げた
「Ballerina Girl」と言う曲へ敬意を込めて入れたと言われています。
[PR]